冊子の印刷サービスを利用する際の注意点

冊子の印刷サービスは、今やネットで注文や決済ができ、原稿もデータをアップロードして印刷会社に送信するという手軽さになっています。格安のオンデマンド印刷も加わり、冊子作成へのハードルがグッと下がっています。オンデマンドの普及によって、オフセット印刷では割高になってしまっていた少部数での冊子作成も、格安で可能となりました。ただ、安価なぶん、やはりクオリティの面では、オフセットの仕上がりよりもやや見劣りしてしまいますので、その点は注意が必要です。ネットで検索するだけでも、多くの会社がさまざまな冊子作成プランを設定しているのがわかります。オフセットかオンデマンドかという選択のほか、カラーかモノクロか、版型やページ数の違いによって価格にかなりの差が出てきます。

オフセットとオンデマンドの違いを把握

オフセットとオンデマンドでは、明らかにオンデマンドのほうが安価となります。オフセットは版を用いるのでそのぶんコストがかかり、版が不要のオンデマンドは割安なうえに、少部数の作成に向いています。オンデマンドは割安なぶん、やはりオフセットよりも仕上がりの質が低めになってしまいます。カラーの場合、カラーコピーに近い雰囲気になりがちです。最近、オンデマンド機の性能が上がってきていますので、今後さらに質が向上していくと考えられます。モノクロの場合も、通常のコピー機によるプリントと似た仕上がりになりますので、図版などの細かい部分は、オフセットに比べて再現度がやや下がってしまいます。また、加工によっては紙が反ることもありますので、表紙の紙質なども含め、確認しておくことが大切です。

各社の自動見積フォームを上手に活用

オフセットにしてもオンデマンドにしても、会社によって価格設定がかなり違います。少しでも安いところが良いのか、多少高めでもクオリティの高さにこだわるのかで選び方も変わってきます。その点、比較サイトの口コミも参考になります。大抵の会社では、ホームページに自動見積フォームが設けられています。本の仕様、ページ数、部数などが確定した段階で、気になる何社かで利用してみると、具体的な予算が見えてきます。それをもとに比較して、最もお得なプランに申し込むことができます。同人誌作成を得意としている会社では、大きなイベント直前は割高となりますので、申し込む期間には注意が必要です。そのぶん、閑散期にはかなりの割引価格になっていたり、仕上がりを急がなければさらに割安となったりします。ホームページの解説だけではわかりにくい場合は、問い合わせで確認しておくと注文ミスが防げます。

2017年5月2日